Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

私たちは、技術とリスク管理で先端技術開発を支援いたします。

私たちの業務は、以下の4つに分類されます:

  • (1) 投資業務、科学技術に関するソフトウェアの開発、レンタル、及び販売
  • (2) 先端技術開発、及び知的財産に関するコンサルティング業務
  • (3) リスク管理に関するソフトウェアの輸入、レンタル、及び販売
  • (4) 株式投資業務。新製品「好転銘柄検索」は、本業務のために開発。
  • 現在の重点は、「投資に関するソフトウェアの開発・販売」 です。

株式会社 日本先端技術投資

Tel: 03-3357-7968

    ナビゲーション リンクのスキップホーム > 新製品情報ホーム
前のページへ戻る

JATIC の 「新 製 品 情 報」 ホーム

新バージョン 「好転銘柄検索」 (V.4.0.1) リリースのお知らせ

 2017年11月20日から、ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 の新バージョン 「好転銘柄検索」 (V.4.0.1) をリリース致します。 新バージョンには、下記の重要な機能が付け加えられています。是非ご検討下さるようお願いいたします:

  1. システムトレード機能にシステムトレード・ツールである 「好転銘柄検索」、「手仕舞い推奨銘柄検索」 の既存2検索機能に、 システムトレード補助ツールである 「ファンダメンタル指標検索」、及び 「目標株価乖離率検索」 の2つの検索機能を追加。 上記検索機能の追加に対応し、主要10画面を 主要12画面に変更 (2画面追加)。
  2. 「ファンダメンタル指標検索」 は、12のファンダメンタル指標と2つの数理分析指標 (β と σ) による銘柄検索機能 (概要説明詳細説明)。
  3. 「目標株価乖離率検索」 は、4種の目標株価乖離率ランキングと、登録による目標株価乖離率検索、及び目標株価変化銘柄検索機能 (概要説明詳細説明)。
  4. 主要画面 「指定銘柄分析」 から、目標株価等を含む詳細な 「銘柄情報」 画面の呼出し (概要説明詳細説明)。
  5. 各処理スピード、及び操作性等 (エラー処理含む) の向上

【価格】 「好転銘柄検索」 V.4.0.1: ¥29,400 円、 バージョンアップ版: ¥12,800 円

「好転銘柄検索 (お試し版)」 V.4.0.1 ⇒ 「ダウンロード」 ページへ

新バージョン 「バックテスト」 (V.2.01) リリースのお知らせ

 2016年12月10日から、ソフトウェア製品 「バックテスト」 の新バージョン 「バックテスト」 (V.2.01) をリリース致します。 新バージョンには、下記の重要な機能が付け加えられています。是非ご検討下さるようお願いいたします:

  1. 「売買シミュレーション」 に、「バスケット取引き」 シミュレーションの追加 (概要詳細)。
  2. 各処理スピード、及び操作性等 (エラー処理含む) の向上

【価格】 「バックテスト」 V.2.01: ¥18,500 円、 バージョンアップ版: ¥9,800 円

「バックテスト (お試し版)」 V.2.01 ⇒ 「ダウンロード」 ページへ

株式解析のための 「ソフトウェア部品」 概要

 ここでは、ご自身で株価解析プログラム作成を目指しているユーザーのために、株価解析のための 「ソフトウェア部品」 を紹介させて頂きます。 現在販売しています株価解析のための 「ソフトウェア部品」 は下記の5種類です:

・ ソフトウェア部品: 「株価データとベータ計算」

・ ソフトウェア部品: 「株式データベース (更新機能付き)」

・ ソフトウェア部品: 「株式データベース」

・ ソフトウェア部品: 「テクニカル指標計算」

・ ソフトウェア部品: 「株式情報取得ソフト」

 ソフトウェア部品に共通している特徴を、以下に箇条書きにしてまとめます:

  1. ソフトウェア部品は、dll 実行ファイルとして販売しています。そのため、どのプログラム言語 (ベーシック、C/C++、C#、フォートラン等) にも対応可能です。
  2. ご希望の方には、ソフトウェア部品のソースコードも公開 (有料) しております。ソースコードは C# で開発されています。
  3. 付属データベースの株価・出来高情報は、各銘柄毎に csv ファイルとして提供されています。

ソフトウェア部品 「株価データとベータ計算」 概要

1) 「株価データとベータ計算」 の特徴

 ソフトウェア部品 「株価データとベータ計算」 の主な機能は下記 3 項です:

  1. 株式データベースの保持と更新
  2. ライブ銘柄情報 (株価、ファンダメンタル指標、信用情報等) の取得と保存。
  3. 全銘柄のベータ (β)、及びシグマ (σ) の計算と保存

 全銘柄のライブ銘柄情報、ベータ (β)、及びシグマ (σ) の計算結果は一括してまとめられ、 データベース・フォルダーに存在するファイル: 全銘柄情報.csv に保存されます。 なお、このファイルは、上記 2、3 項の実行毎に書き換えられます。

 また、本ソフトウェア部品では、上記 3 項を実行するための様々なクラス、メソッドが公開されており、 ご自身が株式分析のためのソフトウェアを開発する際のご支援となるよう工夫されています。

2) 「株価データとベータ計算」 の構成

 ソフトウェア部品 「株価データとベータ計算」 は下記2つの実行ファイルと株式データベースから構成されています:

  • 株価データとベータ計算.dll: 本ソフトウェア部品の主要部です。本部品の主機能を実行するための画面 (GUI) や、 インターネット接続とは無関係なクラスやメソッドが内蔵されています。
  • NET 通信.dll: 本ソフトウェア部品の従属部です。インターネット接続が必要なクラスやメソッドが内蔵されています。

3) ご提供方法、及び価格

  • ご提供内容: ① 2つの実行ファイル (dll 形式)、② 株式データベース、③ 取扱い説明書 (PDF)
  • ご提供方法: DVD 郵送、代金引換。
  • 価格: 9,800 円 (税込)。 これに代金引換手数料、及び郵送代、計 595 円が追加になります。

詳細説明へ

ページ先頭へ

ソフトウェア部品 「株式データベース (更新機能付き)」 概要

 ソフトウェア部品 「株式データベース」 は、東証一部、東証二部、東証マザーズ、 JASDAQ に上場されている全銘柄、及び4種の平均株価指数の過去 17 年間の株価・出来高についてのヒストリカル・データベースです。 更新機能とは、上記データベースに更新時までの株式情報を追加する機能です。なお、更新実行には、ネット環境が必要です。 以下に本データベースと、更新機能の概要を箇条書にまとめます。

1) 「株式データベース」 の特徴

  • 銘柄株式情報: 日付、四本値 (始値、高値、安値、終値)、出来高、修正終値の7項 。
  • 平均株価指数: 日付、四本値 (始値、高値、安値、終値) の5項 。
  • 株式情報期間: 1997/1/1 ~ 購入受け付け時点の前週末時までの約17年間。
  • 1 銘柄 (1 平均株価指数) 1 ファイル。
  • 上場銘柄リスト: 全市場の銘柄 (銘柄コード、市場、銘柄名、業種) をまとめてある CSV ファイルの添付。
  • ファイル形式: 高速アクセス、メモリー容量の最小化を考慮し、DOSV 形式 (CSV ファイル)。
  • メモリー容量: 約 600 MB (2014年6月末時点、更新機能容量含む)。

2) 「株式データベース」 の更新機能

  • 更新はコマンド1つ、または 「銘柄更新」 画面を開き、そこから起動をかけることで可能。
  • 新規上場銘柄・上場廃止銘柄にも対応。さらに、「銘柄検索」 画面を開くことで、銘柄検索も可能。
  • 更新はバックグランドで実行。

3) ご提供方法、及び価格

  • ご提供内容: ① 株式データベース、② 更新機能 (DLL 形式)、③ 更新機能ソースコード、④ 取扱い説明書 (PDF)
  • ご提供方法: DVD 郵送、代金引換。
  • 価格: 6,800 円 (税込)。 これに代金引換手数料、及び郵送代、計 595 円が追加になります。

詳細説明へ

ページ先頭へ

ソフトウェア部品 「株式データベース」 概要

 ソフトウェア部品 「株式データベース」 は、東証一部、東証二部、東証マザーズ、 JASDAQ に上場されている全銘柄、及び4種の平均株価指数の過去 17 年間の株価・出来高についてのヒストリカル・データベースです。 以下に本データベース概要を箇条書にまとめます。

1) 「株式データベース」 の特徴

  • 銘柄株式情報: 日付、四本値 (始値、高値、安値、終値)、出来高、修正終値の7項 。
  • 平均株価指数: 日付、四本値 (始値、高値、安値、終値) の5項 。
  • 株式情報期間: 1997/1/1 ~ 購入受け付け時点の前週末時までの約17年間。
  • 1 銘柄 (1 平均株価指数) 1 ファイル。
  • 上場銘柄リスト: 全市場の銘柄 (銘柄コード、市場、銘柄名、業種) をまとめてある CSV ファイルの添付。
  • ファイル形式: 高速アクセス、メモリー容量の最小化を考慮し、DOSV 形式 (CSV ファイル)。
  • メモリー容量: 約 588 MB (2014年6月末時点)。

2) ご提供方法、及び価格

  • ご提供方法: DVD 郵送、代金引換。
  • 価格: 4,800 円 (税込)。 これに代金引換手数料、及び郵送代、計 595 円が追加になります。

詳細説明へ

ページ先頭へ

ソフトウェア部品 「テクニカル指標計算」 概要

 ソフトウェア部品 「テクニカル指標計算」 は、時系列株価と数種のパラメーターを入力として、 時系列テクニカル指標を出力とするソフトウェア (クラス、メソッド) です。 なお、本ソフトウェア実行するだけのときは、ネット環境は不必要です。 以下に本データベースの概要を箇条書にまとめます。

1) 「テクニカル指標計算」 の特徴

  • 計算可能な時系列テクニカル指標は、全 40 種。
  • 移動平均線は4種 (短期・中期・準長期・長期) で、それぞれ、① 単純移動平均線 (SMA)、 ② 加重移動平均 (WMA)、③ 指数平滑移動平均 (EMA)、の指定が可能。
  • 全 40 種の全時系列テクニカル指標で、日足・週足・月足での計算が可能。
  • 計算時間短縮のため、計算すべきテクニカル指標の一括設定・一括計算が可能。

2) ご提供方法、及び価格

  • ご提供内容: ① テクニカル指標計算 (DLL 形式)、② 取扱い説明書 (PDF)
  • ご提供方法: DVD 郵送、代金引換。
  • 価格: 5,800 円 (税込)。 これに代金引換手数料、及び郵送代、計 595 円が追加になります。

詳細説明へ

ページ先頭へ

ソフトウェア部品 「株式情報取得ソフト」 概要

 ソフトウェア部品 「株式情報取得ソフト」 は、インターネットを通じ、外部サイトより、各銘柄の ① ヒストリカル株価情報、 ② 最新銘柄情報、の2種類の情報を入手するためのプログラム (dll 実行ファイル) です。

 本ソフトウェア部品には、さらに上記2種類の情報が正常に読み込まれているかを確認するための 「NET通信検証」 画面が組み込まれています。なお、本ソフトウェア部品を実行するには、ネット環境が必要となります。 以下に本ソフトウェア部品の概要を箇条書にまとめます。

1) 「ヒストリカル株価情報」 読込み機能

 銘柄コード、期間、足数 (日、週、月) を指定して、その銘柄の、該当する期間・足数のヒストリカル株価情報を取得するための機能です。 読み込み期間は、30年前から、読み込み時点まで (日経平均を除く全銘柄では最長1分前、日経平均は約30分前) です。 読み込み期間内での株式分割や統合の有無をお知らせする機能もついています。

2) 「最新銘柄情報」 読込み機能

 銘柄コード、出力設定 (単位・説明付き、または数値のみ) を指定して、その銘柄の最新銘柄情報を取得するための機能です。 銘柄情報には、最新株価情報、ファンダメンタル指標、及び信用データ等全28種の情報が含まれます。

3) 「NET通信検証」 画面

 実行ファイル 「NET通信.dll」 に内蔵されているクラス 「NET通信検証」 画面インスタンスを作成し、表示させることが可能です。 ① ヒストリカル株価情報、② 最新銘柄情報、の2種類の情報読み込みを視覚的に検証できます。

4) ご提供方法、及び価格

  • ご提供内容: ① 実行ファイル (DLL 形式)、② ソースコード (c#, txt 形式)、③ 取扱い説明書 (PDF)
  • ご提供方法: DVD 郵送、代金引換。
  • 価格: 5,800 円 (税込)。 これに代金引換手数料、及び郵送代、計 595 円が追加になります。

詳細説明へ

ページ先頭へ

次ページへ

前のページへ戻る