Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

私たちは、技術とリスク管理で先端技術開発を支援いたします。

私たちの業務は、以下の4つに分類されます:

  • (1) 投資業務、科学技術に関するソフトウェアの開発、レンタル、及び販売
  • (2) 先端技術開発、及び知的財産に関するコンサルティング業務
  • (3) リスク管理に関するソフトウェアの輸入、レンタル、及び販売
  • (4) 株式投資業務。新製品「好転銘柄検索」は、本業務のために開発。
  • 現在の重点は、「投資に関するソフトウェアの開発・販売」 です。

株式会社 日本先端技術投資

Tel: 03-3357-7968

    ナビゲーション リンクのスキップホーム > 製品情報ホーム > ソフトウェア製品「テクニカル分析」ホーム
前のページへ戻る

製品情報: ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 ホーム

本サイト 「製品情報」 では、ソフトウェア製品概要を説明します。詳細については下記専用サイトをご参照ください:

・ JATIC の 「ソフトウェア製品一覧」 専用サイト内: ソフトウェア製品 「テクニカル分析」
・ ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 専用サイト: 「好転銘柄検索」 のご案内

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 って、何?

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 は、ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 の

テクニカル分析ツール機能に焦点を合わせた派生製品です。

 本製品では、 有用だがプログラミングの難易度から一般的でないスイング・チャートや、究極のオシレータを含む全35種のテクニカル指標、 3種の規則時系列ケイ線、5種の不規則時系列ケイ線、及び相関分析、株価フーリエ変換、 β と σ の計算機能等全6種の特殊分析による多彩なテクニカル分析機能による分析が可能となります。

このソフトウェアが持つ機能は下記の3つに分類できます:

1) 銘柄グループの編集と基本データの閲覧機能

・ 銘柄グループの編集が可能です (グループ数、及びグループ内銘柄数は無制限)。

・ グループ毎の株価・出来高、及び各種ファンダメンタル指標がリアルタイムで閲覧可能です。

2) 指定銘柄分析機能: 指定された銘柄 (個別銘柄)や上記 ”銘柄グループ” への徹底的に多面的な分析機能:

・ ある銘柄をご自分の売買対象リストに組み入れるかの判断。

・ ある銘柄の、現時点での売買タイミングの検証。

3) 銘柄フィルター機能: ユーザー指定の市場・業種から下記指標条件で銘柄をフィルタリングします:

・ 全12種のファンダメンタル指標。

・ 2種の数理分析指標 (β: ベータとσ: σ)。

これだけの機能がついて、価格は業界最安値の ¥13,800 円 (消費税込・送料別)。

是非、本社ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 の機能と価格を、他社の該当製品と比較してみて下さい

注: 本 「ソフトウェア」 は一度ご購入いただくと、無期限でご使用できます。毎月のお支払いは一切不要です。

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 で、何ができる?

 ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 の最大の特徴の1つは、その豊富な株価解析機能 ( 指定銘柄分析 です:

  1. 全3種類の規則時系列ケイ線: ローソク足、バー・チャート、 ライン・チャート
  2. 全5種類の不規則時系列ケイ線: かぎ足、 練り足、 新値足、 P & F (Point and Figure)、 逆ウォッチ曲線
  3. 全35種類のテクニカル指標 : 移動平均線1種には、4種の足数、及びそれぞれ3種の異なる平均法が含まれます。
  4. 全6種類の特殊分析 : 株価のフーリエ変換、 指標の変動分布、 株価と指標の相関分析、 β の算出、 σ の算出、 当日のピボット

 特に特殊分析機能や、テクニカル指標に、スイングチャート、回帰分析、可変足数 RSI、 究極のオシレータ等が含まれていることが大きな特徴になっています。

 さらに、 「銘柄フィルター」 画面では、12 種類のファンダメンタル指標と、 2 種の数理分析指標の値やその範囲を指定し、該当する銘柄を、ユーザーが指定する市場・業種から抽出することが可能です。 このフィルター機能は、それぞれの銘柄を、自己の売買取引銘柄に選定するかどうかの判断に用いることができます。 また、ファンダメンタル指標の変化から、各銘柄の売買タイミングや手仕舞いタイミングを判断することにも利用されます。

ページ先頭へ

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」: 機能の基本構成

 ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 の機能上の構成は、下の機能模式図が示す通り、下記4項目より成り立っています。 これらの全機能は、全5種類の主要画面 (GUI) を通して実行されます:

  1. 基本画面: プログラム起動後、最初に開かれる画面で、全主要画面 (GUI) を支配しています。
  2. 管理・保守、各種設定: 下の模式図が示す通り、2つの主要画面を通して実行されます。
  3. 解析機能: 下の模式図が示す通り、指定銘柄分析、及び銘柄フィルターの2つの主要画面を通して実行されます。
  4. データベース: 全動作のための株式基本データを格納しています。更新は 「メンテナンス」 画面を通し実行されます。

イメージ拡大

ページ先頭へ

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」: 主要画面の構成

 ソフトウェア製品 「テクニカル分析」:  が持つ全機能は、下記5種のメイン・ウィンドウ (主要画面) と、 それに従属する全27種類のサブ・ウィンドウを通して実行されます。なお、下記画面名 左の "(詳細)" は、 JATIC のソフトウェア製品 専用サイト での 「テクニカル分析」 主要画面・説明ページにリンクされています:

1) 基本画面  (詳細 4) 「指定銘柄分析」 画面  (詳細
2) 「メンテナンス」 画面  (詳細 5) 「銘柄フィルター」 画面  (詳細
3) 「銘柄グループ編集と基本データ閲覧」 画面  (詳細  

ページ先頭へ

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」: データベース

 本ソフトウェア製品 「テクニカル分析」 がもつデータベースの構成と、ライブ・データの取得法について、以下に箇条書きにまとめます:

  1. 本製品のデータベースには、① 株価データ、② ファンダメンタル・データ、 の2種類のデータが保存されています。
  2. 株価データとしては、東証1部、2部、マザーズ、JASDAQ の4市場上場全銘柄の株価・出来高データ、 及びトピックス他全4種類の平均株価データが、1997年 1 月 1 日から、製品リリース時までの期間 (約17年間以上) 保持されています。 なお、リリース時からお客様購入時 (使用時) までのデータ更新 (データ追加) はボタン一つで実行されます。 更新データはインターネット経由で外部サイトより無料で取得されます。
  3. 上記4市場上場全銘柄についてのファンダメンタル・データ (種々のファンダメンタル指標、信用情報等)も、 データベースにテーブル・データとして保持されて、ファンダメンタル・フィルターとして用いられます。 これらのデータ更新も株価・出来高データ更新と同時にボタン一つで実行することが可能です。
  4. 過去の株価データより自動的に計算されたベータ (β) と シグマ (σ) の値も上記テーブル・データに保持され、 ファンダメンタル・フィルターとして用いられます。
  5. 指定銘柄分析に用いられる株価データは、アクセス時間を短縮するために、上記1項のデータと、 リアルタイムにインターネット経由で取得した株価データを統合したものになります。 各銘柄のザラバでの株価現在値やトピックス平均株価は、 ほぼリアルタイム値 (最長で約1分前の値) ですが、 日経平均は最長30分前の値となります。
  6. 銘柄フィルターに用いられる株価・出来高データは、データベース内のデータだけが用いられます。 ただしザラバ以外では、ファンダメンタル・データ更新後の銘柄フィルターでは、最新のデータが用いられていることになります。
  7. 本データベースは、新規上場銘柄の追加、上場廃止銘柄の削除、銘柄名・業種変更にも対応しています。
  8. インターネットを通した株価データ、ファンダメンタル・データの取得には問題点が1つあります。 それはデータ発信源のサイトのフォーマットが変更になった場合、データ取得が困難になる可能性があることです。 本ソフトウェアでは、外部データ取得部の DLL 化がなされており、サイトのフォーマット変更時には、 それに対応した DLL ファイルを、本ホームページを通し、速やかに無償で配布いたします。

ページ先頭へ

ソフトウェア製品 「テクニカル分析」: 動作環境とソフトウェア・ライセンス

1) 動作環境

  • 動作確認済み OS: WindowsXP, WindowsVista, Windows7, Windows8, Windows10
  • メモリー: 256MB以上のRAM。512MB以上推奨。
  • ハードディスク: 800MB 以上の空き容量。
  • ディスプレイ: 1,024×768以上の解像度のモニター。
  • その他: 日本語オペレーティング・システム搭載、PDFリーダー、DVD版ではDVD-ROMドライヴ、インターネット接続
  •  

2) ソフトウェア・ラインセンス

 本製品は1ライセンス用です。

  • 本ソフトウェアをご使用の前に、インストール時に画面に表示される 日本先端技術投資ソフトウェア使用許諾契約書 ( ライセンス条項) をお読みください。
  • 本条項はインストール後もヘルプ機能を利用していつでも参照できます。 本条項に同意をいただいて初めて、本ソフトウェアをご使用いただくことが出来るようになります。

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る