Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

私たちは、技術とリスク管理で先端技術開発を支援いたします。

私たちの業務は、以下の4つに分類されます:

  • (1) 投資業務、科学技術に関するソフトウェアの開発、レンタル、及び販売
  • (2) 先端技術開発、及び知的財産に関するコンサルティング業務
  • (3) リスク管理に関するソフトウェアの輸入、レンタル、及び販売
  • (4) 株式投資業務。新製品「好転銘柄検索」は、本業務のために開発。
  • 現在の重点は、「投資に関するソフトウェアの開発・販売」 です。

株式会社 日本先端技術投資

Tel: 03-3357-7968

    ナビゲーション リンクのスキップホーム > 製品情報ホーム > ソフトウェア製品「バックテスト」(V.2) ホーム > 管理・保守、各種設定
前のページへ戻る

ソフトウェア製品 「バックテスト」 管理・保守、各種設定

本サイト 「製品情報」 では、ソフトウェア製品概要を説明します。詳細については下記専用サイトをご参照ください:

・ JATIC の 「ソフトウェア製品一覧」 専用サイト内: ソフトウェア製品 「バックテスト」

製品 「バックテスト」 管理・保守、各種設定: 機能模式図

 ソフトウェア製品 「バックテスト」 の管理・保守、各種設定は、下記 1) 項の管理・保守画面 (「メンテナンス」 画面) と、 下記 2) ~ 4) 項の3種類の各種設定画面で実行されます。なお、画面名右の "(詳細)" は、 JATIC のソフトウェア製品 専用サイト での、「バックテスト」 主要画面・機能説明ページにリンクされています::

1)  「メンテナンス」 画面 ( 詳細) 2)  「銘柄グループ編集と基本データ閲覧」 画面 ( 詳細)
3)  「リスク管理」 画面 ( 詳細) 4)  「マルチ・スクリーニング設定」 画面 ( 詳細)

 これら4つの画面で定義された設定は、下図 「バックテスト」 の管理・保守、各種設定の機能模式図 が示すように、ソフトウェア製品 「バックテスト」 の様々な画面 (機能) で用いられます。なお、管理・保守、各種設定画面は、 この模式図ではベージュ色で描かれています:

イメージ拡大

ページ先頭へ

製品 「バックテスト」 の管理・保守、各種設定: 概要

以下、ソフトウェア製品 「バックテスト」 の4つの管理・保守、各種設定画面についての概要を、箇条書きで説明します。

・ 管理・保守: 「メンテナンス」 画面

 この画面での設定は、ソフトウェア製品 「バックテスト」の全機能を実行する主要画面全てに関連します。 以下、 「メンテナンス」 画面での設定内容の概要を箇条書にまとめます:

  1. 基本データ (データベース) の更新: 株価データ、銘柄基本データ、上場銘柄 (新規上場銘柄の登録、上場廃止銘柄の削除)。
  2. 各種パラメータの設定: チャートの表示法、株価文字色 (上昇時・下降時)、データ自動更新法、手数料テーブルの作成・編集・保存、 及びツールチップ設定 (ON/OFF, 表示時間) (主要画面) 。
  3. テクニカル指標パラメータ設定: 「指定銘柄分析」 画面での設定値、及び 「パラメータ最適化」 画面、 及び 「マルチスクリーニング設定」 画面でのデフォルト値。

・ 各種設定: 「銘柄グループ編集と基本データ閲覧」 画面

 銘柄グループの作成・編集を実行します。またグループ名を指定することで、グループに属する全銘柄の基本データがリアルタイムで表示されます。 ここでの基本データの項目は、ファンダメンタル指標のフィルターに用いられます。また、ここで定義された銘柄グループ名は、 3つの分析機能画面で用いられます。

・ 各種設定: 「リスク管理」 画面

 この画面では、「買い」 ・ 「売り」に関し、それぞれ下記5項の設定が可能です。項目 1) ~ 4) は、手仕舞い信号を出すために、 「テクニカル指標パラメータ最適化」、マルチスクリーニングによる 「売買シミュレーション」 の2つの画面で使用されます。ただし、項目 5) はバックテストである 「テクニカル指標パラメータ最適化」、 「売買シミュレーション」 の2つの画面だけで使用されます。なお、設定は任意の名称でファイル保存されます。

  1. 利益確定法: 5種類の利益確定法から1つを選択します。
  2. 損切り: 損切りするための損失率 (%) を設定します。
  3. 保ち日数切り: 保ち日数切りするための日数 (営業日数 / 実日数) を設定します。
  4. ストップ高、ストップ安対応: 対応を設定します。
  5. バックテストでの売買想定価格を定義します。

・ 各種設定: 「マルチスクリーニング設定」 画面

 各種ファンダメンタル指標、数値解析、及びテクニカル指標の複合フィルターを構成させます。ここでの設定は、解析機能である マルチスクリーニングによる 「売買シミュレーション」 画面で使用されます。なお、設定は 「買い (売り手仕舞い)」、 「売り (買い手仕舞い)」 の2種類に分類され、任意の名称でファイル保存されます。

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る