Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

私たちは、技術とリスク管理で先端技術開発を支援いたします。

私たちの業務は、以下の4つに分類されます:

  • (1) 投資業務、科学技術に関するソフトウェアの開発、レンタル、及び販売
  • (2) 先端技術開発、及び知的財産に関するコンサルティング業務
  • (3) リスク管理に関するソフトウェアの輸入、レンタル、及び販売
  • (4) 株式投資業務。新製品「好転銘柄検索」は、本業務のために開発。
  • 現在の重点は、「投資に関するソフトウェアの開発・販売」 です。

株式会社 日本先端技術投資

Tel: 03-3357-7968

    ナビゲーション リンクのスキップホーム > 製品情報ホーム > ソフトウェア製品「好転銘柄検索」(V.4) ホーム > 「好転銘柄検索」: V.3 の新機能概要
前のページへ戻る

「好転銘柄検索」: V.3 の新機能概要

本サイト 「製品情報」 では、ソフトウェア製品概要を説明します。詳細については下記サイトをご参照ください:

・ ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 (V.4) 専用サイト: 「好転銘柄検索」(V.4) のご案内

「好転銘柄検索」 (V.3) の新機能概要

ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 の新バージョン 「好転銘柄検索」 (V.3) には、 下記の重要な機能が付け加えられています。是非ご検討下さるようお願いいたします:

  1. 「売買シミュレーション」 に、「バスケット取引き」 シミュレーションの追加 (概要詳細)。
  2. 「好転銘柄検索」 機能の検索市場に、バスケット売買のための "インデックス指標" の追加 (概要詳細)。
  3. 「好転銘柄検索」 機能内、スケジューラ機能とログ機能の追加・改良 (概要詳細)。
  4. 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 の手仕舞い待ち銘柄への、インデックス指標登録許可 (概要詳細)。
  5. 各処理スピード、及び操作性等 (エラー処理含む) の向上

「解析機能」 での新機能概要

「好転銘柄検索」 (V.3) で新規導入された最も重要な機能は、バスケット売買への対応です。 この機能は下の3つの画面で対応されています:

① 「売買シミュレーション」 画面

 マルチスクリーニングによる 「売買シミュレーション」 に、バスケット取引きを付け加えました。 これにより、バスケット売買のシミュレーションが可能になり、バスケット取引での売買条件、売買銘柄組み合わせ等の最適化が実行できます。

 バスケット売買は、売買適用銘柄の1項目として選択できます。この項目が選択されると、 「バスケット売買」 条件ファイルの選択と編集が可能になります。条件ファイルは、 「バスケット売買条件」 設定画面で表示・編集され、 バスケット売買条件、及びバスケット売買銘柄を定義します。

② 「好転銘柄検索」 画面 ⇒ 詳細へ

 「好転銘柄検索」 機能の検索市場に、バスケット売買のための "インデックス指標 (日経平均、TOPIX、JASDAQ)" を追加しました。 これにより、バスケット取引での 「買い」、「売り」 信号を表示できるようになりました。

③ 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面 ⇒ 詳細へ

 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面 "手仕舞い待ち銘柄" への、インデックス指標 (日経平均、TOPIX、JASDAQ)" の登録を許可しました。 これにより、バスケット取引の手仕舞い信号を表示できるようになりました。

 ここでは解析機能の1つである、上記 ① 項 「売買シミュレーション」 画面で実行される、 バスケット売買シミュレーションについて概要を説明します。

 この画面での 「売買シミュレーション設定」 部: 「2) 売買適用銘柄」 部で "バスケット売買" を選択すると、 「条件ファイル」 表示部、【読み込み】 ボタン、【編集】 ボタンが設定可能になります。バスケット取引は、 「条件ファイル」 表示部に表示されているファイルで定義された条件で実行されます。 結果は、① 「売買シミュレーション」 画面 "シミュレーション結果部"、 ② 「利益率上位 100 銘柄」 画面、 ③ 「チェックモード」 画面、の3つの画面に表示されます。

【注意】: 本来、バスケット取引は、インデックス指標先物との裁定取引を意味することが多いのですが、 ここでは、インデックス指標から売買信号を得る銘柄バスケットの売買と定義しております。

ページ先頭へ

「システムトレード」 での新機能概要

 ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 バージョン3では、旧バージョンに比較して、 さらに高速・安定動作するように改良されています。

 その他に、システムトレード (検索機能) に関する新機能としては下記 3 項が追加されており、 さらにシステマティック、なおかつ効率的に 「好転銘柄検索」 が実行できるようになりました:

  • 「好転銘柄検索」 機能の検索市場に、バスケット売買のための "インデックス指標 (日経平均、TOPIX、JASDAQ)" を追加しました。 これにより、バスケット取引での 「買い」、「売り」 信号を表示できるようになりました。
  • 「好転銘柄検索」 画面でのログ機能、及びスケジューラ機能は既に V.2 で導入されていました。 V.3 では操作性を格段に向上させましたが、見かけ (GUI) 上の変化は大きくありません。
  • 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 画面 "手仕舞い待ち銘柄" への、インデックス指標 (日経平均、TOPIX、JASDAQ) の登録を許可しました。 これにより、バスケット取引の手仕舞い信号を表示できるようになりました。

 下にログ機能とスケジューラ機能の概要を述べます。 本内容の詳細説明は、製品 「好転銘柄検索」 専用サイトの 該当ページ をご参照ください:

1) ログ機能

 好転銘柄検索結果のログが可能になりました。ログは特定ファイルに記録され、「ログ表示」 画面を通して閲覧・編集をすることが出来ます。

2) スケジューラ機能

 旧バージョンでは、好転銘柄検索は、「買い」、及び 「売り」 2つのマルチスクリーニング・ ファイルを定義することにより、「買い」、及び 「売り」 の好転銘柄を同時に検索することが可能でした。 しかし、新バージョンでの好転銘柄検索は、上記1対 、またはどちらか一方のマルチスクリーニング・ファイルの定義での好転銘柄検索を 1ステップとし、任意の数のステップだけ続けることが出来るようになりました。これにより、 今までよりさらに多面的な好転銘柄検索が可能となりました。

ページ先頭へ

前のページへ戻る