Japan Advanced Technology Investment Co., Ltd. (JATIC)

私たちは、技術とリスク管理で先端技術開発を支援いたします。

私たちの業務は、以下の4つに分類されます:

  • (1) 投資業務、科学技術に関するソフトウェアの開発、レンタル、及び販売
  • (2) 先端技術開発、及び知的財産に関するコンサルティング業務
  • (3) リスク管理に関するソフトウェアの輸入、レンタル、及び販売
  • (4) 株式投資業務。新製品「好転銘柄検索」は、本業務のために開発。
  • 現在の重点は、「投資に関するソフトウェアの開発・販売」 です。

株式会社 日本先端技術投資

Tel: 03-3357-7968

    ナビゲーション リンクのスキップホーム > 製品情報ホーム > ソフトウェア製品「好転銘柄検索」(V.4) ホーム > プログラム初期起動と基本画面
前のページへ戻る

ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」: プログラムの初期起動と基本画面

本サイト 「製品情報」 では、ソフトウェア製品概要を説明します。詳細については下記サイトをご参照ください:

・ ソフトウェア製品 「好転銘柄検索」 (V.4) 専用サイト: 「好転銘柄検索」 (V.4) のご案内

製品 「好転銘柄検索」 概要: インストール後の最初の画面

「初期設定画面」
「初期設定画面」

イメージ拡大

 プログラムをインストールすると、デスクトップ欄に JATIC (「好転銘柄検索」) のアイコンが生成されます。このアイコンをダブルクリックすることにより、 プログラムは起動されます。プログラムのインストール後、最初の起動時には、左に示す、 「初期設定画面」 が表示されます。

 画面の内容は、画面拡大によって確認可能なため、ここでは詳細説明は省きますが、 要点はデータベース更新の説明で、具体的な更新内容は下記3点です:

  1. 株価データの追加: 製品のリリース日よりインストール日までの株価データ
  2. 銘柄情報の更新: 全銘柄のファンダメンタル・データ更新
  3. 上場銘柄の更新: 製品のリリース日よりインストール日までの新規上場銘柄追加、 上場廃止銘柄の削除処理

 上記更新を実行しなくても、プログラムの全機能は正常に動作します。ただし、 外部より、リアルタイムに読み込むデータ量が増えるため、処理時間が増加します。そのため、適当な日数間隔で、 データベースの更新をすることは重要なことではあります。

 上記3つの更新処理はどれも、「メンテナンス」 画面で、ボタン1クリックで実行可能です。

製品 「好転銘柄検索」 概要: 基本画面

イメージ拡大


 基本画面は、プログラムをスタートすると、通常最初に開かれる画面です。基本画面上の画面ボタンをクリックすると、 それぞれのボタン名に相当する主要画面が開かれます。また "JATIC" のロゴをクリックすると、弊社サイトが開かれます。

 これらの主要画面は、基本画面から同時に複数、または全部開かれ、使用されることも可能です。 また、これらの画面間でのデータのやり取りは基本画面経由で実行されます。したがって、基本画面は、プログラム実行中、 常に開かれていますが、最小化は可能です。

ページ先頭へ

製品 「好転銘柄検索」 概要: 補足事項

「インターネット非接続」 画面
「インターネット非接続」画面

イメージ拡大

 本プログラムの全機能を有効に使用するためには、 コンピュータがインターネットに接続されていなければなりません。 コンピュータがインターネットに接続されていない場合は、本プログラムの起動時に、 または本プログラムの使用中にインターネット接続が切断された場合には随時、左に示す 「インターネット非接続」 画面が表示されます。"OK" ボタンをクリックすることにより、この画面は閉じられます。

 プログラム起動時に本画面が表示された場合、基本画面から、全面的に機能制限になる 「好転銘柄検索」、及び 「"手仕舞い" 推奨銘柄検索」 の両画面には入れません。 両画面が既に開かれている場合、その画面は、何等かの操作をトリガーとして強制的に終了されます。

 一部機能制限になる 「メンテナンス」、「銘柄グループ編集と基本データ閲覧」、 及び 「指定銘柄分析」 の3画面 (図に青字で記載) での制限される機能は、 文字の半透明化 ("コントロール" のディスイネーブル化) で示されます。 インターネット接続の再確立後、機能制限を解くには一度画面を閉じる必要があります。

 インターネット接続を必要としない 「リスク管理」 と 「マルチ・スクリーニング設定」 の両画面、 及び最終更新された株価のファイル・データのみを利用する 「テクニカル指標パラメータ最適化」と マルチスクリーニングによる 「売買シミュレーション」 画面では、機能制限はありません。

ページ先頭へ

前ページへ

次ページへ

前のページへ戻る